はじめに、来月1日、開始予定の世田谷区パートナーシップ宣誓制度の拡充に合わせた、住民票・続柄記載の変更について伺います。

昨年2月の私の一般質問を受けて1年半もの間、検討を要したことは正直、意外でしたが、区のパートナーシップ宣誓制度の拡充で、宣誓者と、それぞれの子どもや親を記載できるファミリーシップ宣誓が加えられることになりました。

同制度のスタートに合わせ、ぜひお願いしたいのが、住民票続き柄記載の変更です。

従来、同性カップルは住民登録上、世帯は一つにできても、二人の関係を表す「続柄」記載は「同居人」。それ以外、選べませんでした。 

家族扱いではないその記載に傷つき、落胆する方々がいることを取り上げ、外国で同性婚したカップルなら認められる「縁故者」の記載を、日本人同士にも拡大するよう提案し、前向きなご答弁をいただいておりました。以来、半年が過ぎ、いよいよ機も熟してきたのではないかと期待しておりますが、いかがでしょうか?