区が区道上に突き出た看板、ひさしの96%が無届、違法と知りながら、その管理責任をなかば放棄していることについて伺います。
この質問はもう4回目。いいかげん改めていただけないですか?

事の経緯から振り返ります。
区は、2018年6月の一般質問で私が実態把握を求めるまで、区道上に突き出た看板やひさし等の実態把握を怠ってきた。
私の議会質問を受けて区は、翌年度、初めて目視での一次調査を行った。
その結果、区道上に突き出た看板等は、約6318件に上り、落下、倒壊のおそれがあるCランクが7件、経年劣化が見られるBランクも624件に上ると確認された。
このうち区で道路占用許可を出していた物件は278件。
適法割合はたった4.4%。裏を返すと96%、実に6040件が違法です。

ところがこの調査結果から2年、区の指導は、ほとんどありません
区が指導したのは、落下、倒壊のおそれがあったCランク7件と 経年劣化が見られたBランクの中でも劣化の激しい底辺部分115件に留まります。
改善されたのは、そのうち半分以下の45件です。
指導割合は違法物件の1.9%。改善割合は0.7%です。

私の最初の議会質問から昨日で3年9カ月が経ちました。
それだけの時間をかけながら、98%もの違法物件は何ら指導もなく放置。
これが適正な規模と内容の道路指導なのですか?
まず確認をしますが、特に危険性が疑われた115件は言うに及ばず、区に全く無断で区道上に設置された占用物件6040件はすべからく違法占用であり、区として調査、指導するべき対象だったのではないですか。いかがですか?

規格に合わない看板等は撤去させ、規格に合うものも区に道路占用許可を提出させ、道路占用料を払わせ安全点検の報告義務を負わせる。そこまでが区の仕事であり、責任ではないのですか?

区は前回の質疑で根拠を持った道路指導には実測調査が不可欠だとしてきました。
ところが実測調査の委託費は今年度予算に910万円、来年度予算にも800万円が予算要求されたものの、2年続けて却下。見送られています。
所管部では一気に全区を指導するのは難しいと見て、初年度、世田谷、次年度、北沢、3年目、玉川、4年目に砧と烏山の4か年で実測調査を計画していましたが、調査はスタートラインにすら就けずにいます。

そこで副区長に伺いますが、所管部の予算要求を2年続けて却下して、区はどういうスケジュール感で、道路指導を行う考えなのですか? まさか実測調査を放棄して道路指導そのものを放棄することはないと思いますが、計画的に改善なさる気があるのかどうかを確認いたします。

今年度、実測調査が見送られた所管部では職員による「サンプル調査」を区内2カ所で行った。これにより、これまでわからなかった、違法物件約6000件のうち、どれくらいに占用許可が出せそうか、おおよそのイメージがつかめたといいます。
サンプル調査の対象は農大通り商店街 の未届159件と、尾山台商栄会 の未届104件。
その結果、そもそも道路上に設置が許されない高さや出幅の看板等がその大部分を占め、申請があれば許可できるものは1,2割にとどまったと言います。
ところがここでも、区は違法性を確認しながら、現場での指導を一切行っていません。

しかし、この1,2割の許可できる物件だけで実測調査費用は、賄えるのではないですか?
区が現在、道路占用を許可する物件は269件です。
このうち占用料収入が得られる「有料物件」は半数の138件に留まります。
非常に少ない有料数ですが、区はこれらだけで毎年1600万円以上の占用料収入を得ています。

一次調査で確認された違法物件は、約6040件。
このうち5%を有料化できただけでも単純計算で区には毎年3500万円が入ります。
1割ならその倍、7000万円です。
実測調査の結果、たとえ許可できる看板等がサンプル調査と同レベルの1,2割だとしても、数年でペイできることは確実で、実測調査を先送りする合理性などないと思うのです。
税外収入の確保をいうならば、こういう実務こそ加速させるべきではないのですか?
道路占用料を、未徴収のまま放置し続けている責任と併せて、区の見解を問います。

副区長に伺います。
区道上で許されるスペックを守り、区に許可申請を提出し、2年に一度の安全点検義務を守りつつ、毎年、道路占用料を払い続ける正直者ばかりがバカを見る道路管理は改めるべきだと思います。実測調査の実施と指導のスピートアップを改めて求めます。
副区長の見解を伺います。