続けて、避難所における同性カップルの扱いについてです。
区の「避難所運営マニュアル」には、性的マイノリティに関する項目も既にあり、全国的に見ても、その記述は早く、内容も充実した方だと感謝しています。
一方、その中身を細かく見ていくと具体的な支援策はトランスジェンダーに多くあり、同性カップルに配慮した記述は乏しいままとなっています。

とはいえ、避難所運営マニュアルにみる「避難者カード」には「世帯別」と「個人別」との2種類があり、前者の「世帯別」では、法的親族であるかを問うていませんし、個人別のカードでも「付添い家族」欄は、「自由記載」となっています。
つまり一見するところ、同性パートナーも同一世帯、1つの家族として記述でき、他の家族と同様に扱ってもらえるのではないかと期待を抱かせるものとなっています。

配給カードについても、代表者名に、その他の名前を書き連ね、配給場所でも、「カードに名前が書かれている方が、家族分の配給品を受け取れます。」とあるので、同性カップルとその子らもまとめて家族として配給を受けられるだろうと捉えています。
このような認識で誤りはないですか?

ありがとうございます。あるべきフェアな対応だと思います。
この質問の最後に、同性カップルも異性のカップルと変わらず家族として扱う旨、きちんと関連文書に明記して頂ければ、より一層ご安心いただけると思うのですがいかがでしょうか?