続けて、事故、災害時の安否確認についてです。
パートナーの安否が分からない状態になった時、私は家族として消息を教えてもらえるのだろうか?———これは多くの同性カップルに共通する不安です。

同性パートナーは、同居はできても、現行法の下では結婚ができません。
この状態を、昨年3月の札幌地裁判決は、「差別的扱い」であるとし憲法14条違反だと認めましたが、なお裁判は継続中で、国レベルでの平等取扱いの原理、原則はないままです。

こうしたなか区は、性的指向での差別を禁じる区条例をもち、「事実上の婚姻関係」に異性も同性もないとする公式見解をもっていますが、もしもの時、世田谷区においては、同性パートナーも異性のパートナーと同様、最も身近な親族として安否確認に応じていただけるのでしょうか?

期待した通りのお答えで大変ありがたいのですが、実際に災害が起きたとき、混乱のさなかで、時々の担当者でその対応が変わるようでは困ります。
この点、ブレないようにできる担保の策はありませんか。