次に、区にゆかりのある動植物、固有種の保護についての「その1」として、成城みつ池のホタルを取り上げます。

区は昨年3月、生物多様性地域戦略として「生きものつながる世田谷プラン」を策定し、そこでは生物多様性には「3つのレベル」があるとして、「生態系の多様性」、「種の多様性」、「遺伝子の多様性」を紹介しています。
今回取り上げるのはその3番目、動植物・固有種の遺伝的資源の保護、活用についてです。

神明の森みつ池特別保護区は、23区でも2か所しかないゲンジボタルの自生地として知られます。また23区で唯一の関東型DNAのホタルの自生地であるとも言われます。
しかし同保護区の面積は、正方形に直せば、たった78メートル四方しかありません。
2つある池の一方のホタルには、既に関西型の遺伝子が混じり、残る一方のより小さな池にのみ在来DNAのホタルが生息すると見られています。

かねてより私からは、孤立した小集団内での近親交配の連続が、絶滅リスクを高める点、またその繁殖期にはホタル同士の出会いを邪魔しない光のコントロールが大切と考えられる点をお伝えし、その保護に細心の注意を求めてきましたが、残念ながら毎年行われている発生数の調査でも、その数は減少傾向にあるようです。
それでも、これまではホタルの権威といえる専門家にスーパーバイズをいただき、地域の熱意ある方々の手で守られていることに心強さがありましたが、その専門家も昨年1月に亡くなり、以後は専門家の支援もないままとなっています。

そこで今回の質問では、ぜひその跡を継ぐ専門家の方を探し、希少な固有種の保護に取り組んでいただくよう求めます。区の見解を伺います。

「その2」は、区の花、サギソウの幻の固有種についてです。

区の花であるサギソウ自体、すでに自然界では絶滅危惧種だそうですが、今回取り上げるのは大正時代、三軒茶屋の水田で採取された世田谷の在来種、「武蔵野」と呼ばれる爽やかな芳香を伴う固有種の存続が、確認できないことについてです。

動画投稿サイト、Youtubeに、かつて区が提供していたテレビ番組、「風は世田谷」のバックナンバーがアップされているのは皆さんもご存知のことと思います。
その今から35年前、1986年放送の「花はさぎ草」という番組で、この世田谷の固有種が紹介されているのですが、昨年来、その種が絶えていないか区の関係者に尋ねても、10年前まで育てていた方が見つかったというだけで確認がとれません。

区立公園の鷺草園やフラワーランドに植えられているサギソウも、今ではすべてが「銀河」や「アオバ」といった園芸種なのだそうです。
しかし、ここにきて世田谷トラストまちづくりより、都立園芸高校の教員OBの方が、お持ちかもしれない、との話がもたらされました。
その方は既に同校を辞められていますが、確かにサギソウに関し多くの論文をお書きです。まだ連絡は取られていないそうですが、区にはぜひその種の存続をお確かめいただき、地域在来種の保護、活用に共に取り組んでいただきたいと思います。

代官屋敷で開かれるサギソウ市などで公開し、生物多様性は地域ごとに異なること等の環境学習の一助にもなればと考えますが、いかがでしょうか。
また、農業生物資源の在来種を広く受入れ、保護している農水省外郭団体であるジーンバンクにその種を預け、絶滅を回避する策の検討を求めます。
併せて区の見解を伺います。