はじめに、多摩川増水時の河川敷に暮らすホームレスの方々の避難誘導についてです。

先日の都市整備委員会に、先月8日から9日にかけ関東に襲来した台風15号の被害状況等の報告がありました。
当日の配布資料によれば、区内に大雨警報、洪水注意報が発令されたのが9月8日の16時7分。「洪水注意報」が「洪水警報」に切り替えられたのが、18時47分。
そして大雨洪水警報が解除されたのは9月9日の7時57分であり、都合13時間以上、当区は「大雨洪水警報」の只中にありました。
ところが、区に問いますと、区が今回の台風で、区内の多摩川河川敷のホームレスに避難を呼びかることはなかったといいます。「当日そこまでの増水はなかった」とのご説明でしたが、納得できません。
お隣、大田区に尋ねると、同じ日、同じ台風で大田区は多摩川河川敷に暮らすホームレスの方々を避難誘導するべき増水状況に達したと判断。区の職員がホームレスのテントを一つ一つ訪ね、避難を呼びかけています。

こうした両区の対応の差は、今回が初めてではなく、「またか!」と私は思いました。
今回初めて決算委員となられた方もいらっしゃるので、これまでの議論の経過を補足します。
私が多摩川増水時の河川敷のホームレスの避難誘導を取り上げるのは今回が初めてではありません。2008年9月と2015年の9月にも、当区では同じ状況が起こり、私は直後の区議会で区の対応を非難しています。

そのどちらでも区は適切な避難誘導を怠ったまま、多摩川河川敷は水に呑まれました。
2008年の大出水では多摩川の上流、小河内観測所で振り始めからの雨量が観測史上最大を記録、多摩川は氾濫危険水にあと12センチと迫る大出水となりました。
区長は、玉川1、3丁目の一部の住民740世帯に避難勧告を出しましたが、真っ先に濁流に呑まれた河川敷のホームレスに避難勧告はなく見殺しでした。結果、1人が流され行方不明のままとなってしまいました。
2015年の出水でも、砧支所が避難誘導をはじめたのは河川敷が水に浸かった午後5時すぎでした。しかもあろうことか付近の住民から河川敷にホームレスが4人取り残されているとの通報を受け、慌てて待避所を開設、対処するという失態でした。
こうした失態が繰り返される原因は、区の避難誘導の判断基準にあるのではないかと私は考えています。まず、現行の避難誘導の判断基準について説明していただけますか?
小河内ダムの放流の有無を除けば、担当者の私見、主観に依存した判断だと感じます。

一方、大田区の基準は明瞭です。
大田区の防災危機管理課に問い合わせ確認いたしました。
大田区側から見た多摩川の上流部、田園調布上(カミ)観測所の水位が水防団待機の基準、4.5メートルに達すれば、すぐ、ホームレスの避難誘導にあたるのだそうです。
ホームレスのいる河川敷よりも、かなり低い水位での避難誘導です。これでこそ、避難誘導の時間も、退避の時間も確保でき、より安全側に寄った合理的な判断だと感じます。

災害対策基本法第50条は、市長村長に「災害応急対策」の実施責任があることを規定。同第60条では、市町村長に必要と認める区域の避難の勧告・指示の権限があることを規定しています。多摩川河川敷の避難誘導に関しても、区に責任が生じることは明白です。

当区も、より上流の石原観測所の水位を参考にするなど、より客観的で安全側に寄った判断基準を設定し、しっかりと避難誘導していただく対処が必要ではないかと考えるのですがいかがでしょうか?