トップページ
お出かけ情報
かわら版
更新情報
一期一会日記
議会活動報告▼
議会経過報告▼
コラム▼
プロフィール▼
メッセージ▼
皆様の声▼
マスコミの記事
リンク
ご支援ください
連絡先
   
あや流!一期一会日記(12月
選挙 2003-6 2003-8 2003-9 2003-10 2003-11 2003-12
2004-1 2004-2 2004-3 2004-4 2004-5 2004-6 2004-7 2004-8 2004-9 2004-10 2004-11 2004-12 2005-1 2005-2 2005-3 2005-4 2005-5 2005-6 2005-7 2005-8 2005-9 2005-10 2005-11
12月24日

あっという間のクリスマス・イブ。

議会公式の会議もすべて終了。

ご依頼いただいていた年内の講演も14日の首都大学東京での授業をもって全て終えることができた。

役所も28日にはいよいよ仕事納めである。

街を歩けばクリスマスイルミネーションがそこかしこにあって、街は三連休。

年の瀬の活気に溢れているのだが、私自身は一向に年末という気分もクリスマス間近という機運も盛り上がらないままであった。

しかし昨日から今日にかけて急にクリスマスらしい気分になってきた。

ただそのクリスマス気分はワクワクと楽しいものでなく、しんみりと今年一年を感謝し、かみ締めるような気分のそれである。

昨日は友人で千葉大の教授を務める後藤弘子さんに誘われて、国際子ども権利センターのクリスマスイベントに参加させていただいた。

東南アジアで今現在も進行している人身売買や児童買春について、最前線で活動している方から生々しい現状が語られるイベントであった。

テレビや本を通して齧ってきた以上に、直接語られるリアリティは衝撃的であった。

今夜、我が家には親友が来訪。

温かな手作りの料理を用意してくれたが、食卓の傍らのテレビからはインド洋大津波のその後がレポートされていた。

昨日のクリスマスイベントで耳にした問題の衝撃もなまなましく、このイブの夜にも、世界では様々な事が起きているのだという気分が去らなかった。

我が身のいまを改めて感謝し、平和の大切さをかみ締めたという点では、これまでにない気分のクリスマス・イブの夜だった。

◆ ◆ ◆

年内の議会日程は全て終わったものの、区役所からは相変わらず各種の報告が寄せられる。

忌引の報告。トラブルや不祥事の報告が複数。

担当者は連休返上で対応を迫られている様子。

率直で詳細な報告の姿勢はきちんと評価すべきと思うが、区民の方から繰り返しご相談が寄せられている案件も含め年越しの様相。

明るい見通しの持てない案件ばかりで後味が悪い年末である。

12月13日

朝、区議会の広報小委員会に出席する。

区議会だよりの編集発行が議題。特段の異論なく10分弱で終了。

会議を終えたあとの控え室では、くだんの耐震強度偽造問題が話題となる。

世田谷区は都内最大の人口を抱える住宅地であるだけにマンションの建設も盛んである。

もしかして…とは思っていたが、恐れていたことが現実になった。

ヒューザーが建築主となっている区内の物件で、区がその構造計算を再チェックしたところ、烏山にある某物件では国交省が震度5強で倒壊の危険があるとした0.5を更に下回る0.343だったという。

姉歯秀次建築士が関与した物件については区で改めて構造計算書を取り寄せ点検しており、住民の要請を受けて再びチェックするまで区は偽装を見抜けていなかったということだ。

先の本会議で偽装物件は確認されていないとの区側の答弁があり、ひとまずの安心を覚えたところであっただけに、今回の報告にはガックリ。

区として対応策の検討を急いでいると聞くがいったいどこまでの対応が図られるのであろうか…。

他の自治体についても一旦「安全宣言」を出しておきながら、その後、同一物件で偽造が発覚する失態が報道されている。

こうなると一体誰を信じたらいいのか?という感じである。

ことは更に広がる様相を見せる。

ヒューザー以外の建築主でも偽造が露見しており、大手マンション開発業者のいくつかは過去に遡って関連物件再検証するという。

再検証される物件には世田谷内の物件も含まれていることだろう。

どうやらまだ続報がありそうである…。

春の定例会、予算委員会で区の対応が追及されることは必至の情勢だ。

Copyright 2003 Rainbow Setagaya. All rights reserved.