プロフィール 一期一会日記 マスコミの記事
議会報告 お出かけ情報 がんばれあや!
成果報告 かわら版 リンク

トップページ メッセージ

 上川あやからのメッセージ

わたしやほかの人たちの一人一人の声は小さい。
でも一つ一つを紡いでいけば大きな声になる。


上川あやは考えます。

  • 誰もが、自分らしく暮らし、自分の能力を発揮できる街でありたい。
  • 子どもが健やかに育ち、誰もが安心して年を重ねられる街でありたい。
  • 偏見や差別のない街、弱い立場の人々の意見が尊重される街でありたい。
性同一性障害とは…
心の性と体の性の不一致に苦しむ状態のことで、WHO(世界保健機関)の分類にもある疾患名です。 わが国では日本精神神経学会のガイドラインにそって、性同一性障害と診断された人は1万7000人ともいわれています。 原因は胎児期のホルモンの作用と見られていますが、完全には解明されていません。
上川あやも性同一性障害の当事者です
上川あやは、平成10(1998)年に性同一性障害の診断を受けました。2005年4月、「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」に基づき性別の変更が認められるまで戸籍上は男性でしたが、女性として仕事に就き、日常生活を送っていました。 なぜ自分を女性と思うのかとよく聞かれますが、「自然にそう感じる」としか答えようがありません。 みなさんが自分を女性だ、男性だと感じるのと同じです。決して、好き嫌いで性別を選んでいるわけではありません。
誰もが、安心して、自分らしく
必要な時に必要な医療を受ける、個人の能力を活かして職業を得て働く、住居を確保する、愛する人と家庭を持つ…これらのありふれた願いが、 戸籍と逆の性別を生きる、性同一性障害を持つ人々には叶えられない状況がありました。 誰もが、不当な偏見や差別を受けず、幸せになる権利を持っています。 上川あやは、自分の体験を糧に、誰もが自分らしく幸せにのびやかに暮らせる社会を創っていきたいと考えています。
「個」を認め合える、みんなにやさしい社会を
上川あやは、子どもやお年寄り、さまざまな障害を持つ人など、弱い立場の、声を上げにくい人たちの思いを受け止めていきたい、 社会や地域に向かって働きかけていきたいと思っています。
ちいさな声、社会にとどけ!
「本当に困っている人は声をあげる事さえ難しい」
それが、性同一性障害を抱えて生きてきた私の実感です。
心底困って生きてきた経験から、声を上げること、声を聴くことの大切さを知りました。

自らが抱えてきた性同一性障害の問題を糸口に、誰もがのびやかに暮らせる地域社会をめざしたい。
性同一性障害に限らず、さまざまな少数者の人権問題に光をあてていきたい。
そして、一人ひとりの「声」を紡いでいきたい。
この小さな声に共鳴してくださる、あなたのお力添えを切望しています。

ご意見、ボランティアのお申し出など、心からお待ちしています。

 どんなときも、弱い立場にある人たちの視点を忘れない!

どんなときも、弱い立場にある人たちの視点を忘れない!
以下に、世田谷区政に対する私の姿勢をまとめてみました。

みなさんに支えられ、活動をつづけて12年。
社会に埋もれがちでも、一人ひとりにとって大切なニーズを議会、行政に届けてきました。
たった一人の無所属の議員でも、行政職員以上に勉強すれば、公の議論で変えられることはたくさんありました。

本当に困っている人の多くは「困っている」とさえ言えずに暮らしています。
そうした社会の表面からは気付かれにくい、ちいさな声、大切なニーズにこそ光をあて、区議会に届けていきたい。
それが上川あやのモットーです。

これを読んであなたはどう思われましたか?
ぜひご意見をください。
この街で暮らしていらっしゃるみなさんの声とともに、 つねに知り、学び、区政に対する自分自身の姿勢にも反映させていく上川あやでありたい、と思っています。

ご意見はこちらへ : mail@ah-yeah.com


 ※個々の取り組みについての詳しい内容は議会活動報告と成果をご覧ください。

高齢者や障害のある人などが、安心して暮らせる社会の実現
  • 足腰が弱っても安心。ベンチのある道づくりを推進します。
  • 区のスポーツ大会を高齢者、障害者も参加できる大会運営とします。
  • 電動車いすの安全運転講習会の開催をめざします。
  • 聴こえない/話せない人にも優しい区政。アクセシビリティの向上に取り組みます。
  • 手話通訳者派遣事業の回数制限、時間数制限の撤廃に取り組みます。
  • 最重度障害のある人に、ニーズに即した公的介護保障の実現を目指します。
  • 耳の不自由な人の「知る権利」を守るため、情報保障の選択肢を図ります。
  • 障害のある人の就学、就労にも移動支援を派遣できるよう取り組みます。
  • 精神・知的障害者の職員採用枠の実現を目指します。
  • 福祉作業所への業務委託を推進し、そこで働く皆さんの工賃アップを支援します。
  • 高齢者や障害のある人が地域で暮らせる街づくりをすすめ、自立を支援します。
一人ひとりの子どもに適した教育活動の充実
  • 進学をあきらめさせない、給付型奨学金制度の構築をめざします。
  • 特別支援教育の充実をすすめます。
  • 長期療養中、入院中の子どもにも学ぶ機会の保障をすすめます。
  • 教科書の距離が見えづらい子どもたち。「近見視力検査」の導入をめざします。
  • 戦争体験をもつ語り部の活用、記録の保存と共有化を求めます。
  • 人を規定したり差別をしない、人権尊重教育をすすめます。
  • 性的マイノリティに対する偏見の解消と正確な知識の共有を図ります。
  • 子どもたちの視点から世田谷区の義務教育を見つめ、子どもたちの声も代弁します。
バリアフリーの視点も含めた災害対策の検証と徹底
  • 集合住宅の受水槽内の水を、災害時の飲み水に提供できるようにします。
  • 推計区内に5000〜1万か所。急傾斜地の崩落防止対策を推進します。
  • 平らな住宅の下にも「谷」。谷埋め盛土宅地の地すべり対策に取り組みます。
  • 耳や目の不自由な人も避難誘導できる災害時システムの普及をめざします。
  • 人工呼吸器の使用者・透析患者等に対応できる災害時体制の整備をすすめます。
  • アレルギーに対応した防災備蓄の整備を進めます。
情報公開と区民参加の推進
  • 区民の問い合わせに対する回答ルールを明確化します。
  • 公文書管理法に基づく、文書の保存ルールを構築します。
  • 区民のもとに行く区政。全庁的な出前講座の展開を求めます。
  • 公聴機会におけるプライバシー保護の徹底を図ります。
  • 声が上がるのを待つ公聴からの脱却をすすめます。
自然生態系の保全と育成で、水とみどりの街づくり
  • 相続などで貴重な緑が失われる現状に歯止めをかけるよう取り組みます。
  • 天然記念物の指定と保護に取り組みます。
  • 年々、失われる近代建築物の保全と活用に取り組みます。
  • 雨水の地下浸透を推進します。
  • 環境に配慮した用紙調達、「森林認証制度」の活用を求めます。
その他にも・・・
  • ホームレスの知的障害、精神疾患を見逃さないアセスメントの定着を図ります。
  • 欧米偏重の姉妹都市提携。アジア諸都市との交流をすすめます。
  • 分煙の普及、路上喫煙の抑止に取り組みます。
  • 国の規制緩和を活かした、河川敷の楽しい活用をすすめます。
 ※個々の取り組みについての詳しい内容は議会活動報告と成果をご覧ください。
 性的マイノリティの方々へ

上川あやも、性的マイノリティ、LGBTの一人として生きてきました。

その経験を糧に、弱い立場にある人たち、声をあげることの難しい人たちの人権問題に取り組んでいます。

性的マイノリティの方々の人権を守る取り組みも上川あやの掲げる重点課題のひとつです。

これまで12年間の取り組みで、次のような成果が出ています。
  • 行政書式の性別欄を全チェック!約6割の書類から削除されました。
  • 「セクシュアルマイノリティ理解講座」が毎年開催されています。
  • 都内初、性的マイノリティの相談窓口が明示されました。
  • 同性カップルも、区の家庭内暴力(DV)相談が利用できるようになりました。
  • 区教委の行う、子ども電話相談で「性のなやみ」に応じると広報されました。
  • 区立中学で、性の多様性を伝える人権教育の取り組みが始まりました。
  • 同性愛、性分化疾患を含めた相談事例の実態把握調査が、区立の全小中学校を対象に実施されました。全国初の取り組みとなりました。
引き続き―
  • 性の多様性について偏見・差別のない人権教育をすすめます。
  • 性的マイノリティへの偏見を和らげる、区民向けの啓発を強化します。
  • 同性カップルの公的認証と、異性愛者と同等のサービス提供を目指します。
Copyright 2006 Rainbow Setagaya. All rights reserved.